No Car,No Life

クルマ大好き人間のためのWEBマガジン

三菱アウトランダーPHEV新型の紹介

      2016/01/06

よりプレミアムへ、更なる進化を魅せたアウトランダーPHEV

アウトランダーPHEV新型

三菱自動車のミドルクラスSUV「アウトランダーPHEV」がモデルチェンジを受け、さらに進化を遂げました。

ボディスタイルは、パリ・ダカールを沸かせてきた力強い三菱の復活を告げるかのような、ワイルドでダイナミックな「ダイナミックシールド」の採用でさらに磨きがかかりました。

ガソリンエンジンで発電し、4輪全てに取り付けられたモーターで走らせる独自のPHEVシステムもさらに進化し、パワフルな走りながらも静粛性はさらにアップし、静かで快適な走りを実現しています。悪路での走破性や安定性も先代モデルより向上しています。

アウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッドならではの大容量バッテリーを生かして、最大1500Wの大電力を供給可能なAC100Vのコンセントが装備されており、携帯電話やスマートフォンなどの充電から、アウトドアで使用する調理器具などにも活用できます。

また、「PHEV to HOME」システムにより、車で発電した電気をご家庭でも活用することができます。

大容量の家庭用充電池として使用できるのが、これまでのプラグインハイブリッドカーとの一番の違いです。

ヨーロッパでは非常時、災害時に重宝するこの「PHEV to HOME」システムが受けて大人気となったアウトランダーPHEV、日本市場でもブレイクの予感を感じさせます。

 - トピックス